スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< EQ こころの知能指数 / main / 2度目の郡上祭り >>
25歳
先月中頃にアラサーに成りました。

一旦それとは大きく脱線しますが……
かねてから「最先端OLの仕事服とはどんなものか」と興味を持っておりました。
オフィス町勤務26歳男性に訊いたところ、定番の上下スーツ&ワイシャツを着ている人はまず居ないらしい。
だいたいは落ち着いたベージュやグレー系のもので合わせている人が多いらしく、
反して、仕事帰りにそのままデートや女子会コースでも通用するような派手な格好の人も居る、と。
ほわっと広がるひざ上チュールスカート(蛍光色)で道行く、大学生の雰囲気の女性を指し「あんな感じでも別に注意されるとかは無い」らしい。
(勿論会社にもよると思うが)まぁ割りとなんでもアリなんだろう。
けれど、その中で鮮麗されていてお洒落でTPOに合ったような仕事服は?実際に着られているアイテムは?
アラフォーでも綺麗に使えるホワイトのパンツは仕事にもアリなのか?
ペプラムラインのスカートは若すぎや浮かれすぎるのか?
襟元フリフリワイシャツを現実で着る女性は居るのか?

特にOL志望でもない元服飾スタッフの私、
好奇心のおもむくまま丸の内まで連れて行ってもらうことになった。
「カフェでも入って道行くOLを心ゆくまで観察しよう」と提案されたのでした。
ちなみにこれ誕生日プレゼントという事に。

丸ビルのカフェに着いてからは、そこで食べたお洒落で美味なスイーツの記憶ばかりが鮮明すぎる。
いちじくのタルトを食べた。生地が甘すぎず、けど濃くて柔らかいのにどっしりとしてた。
甘みの強いドライいちじくと添えられたベリーの相性が良くてまぁお洒落なこと。
それと、そのカフェを使う他のお客が上品で生活水準が高そうで。
見回すと何かのパンフレットのイメージ図に採用されそうな光景でした。
金髪ロングヘアのスーツの女性、白髪を綺麗にセットしたおばさん、背の高く低く通った声の男性の、仕事の話の様子の白人の3人組。
話が盛り上がってもけして下品な笑い声はあげない四十歳くらいのおばさま方。
薄型ノートPCで淡々と作業をする、何物にも慣れたようなサラリーマン。
その日はこころもちがあまり良くなかったので場違いな自分はこっそり居た堪れない心境でいました…。

当初の目的、リアルなOLの服装。
大通りやビルの中で見ることは出来ました。
・色はアースカラーか、無彩色+アクセントカラーの組み合わせ。柄も目立たない色合い。
・スカートは軽い素材の膝丈が多数派。
・トップスは色も形もシンプルで、あってもワンポイント程度。
・クロップドも七分も柄も、パンツ派は多彩。
・パンツスーツ、上は華やかなトップスという人も。
・思った以上に皆硬すぎないお洒落着みたいか、逆に普段着のようにラフか。
・若い人にあるかと思ったが、セットアップは居なかった。ワンピもごく少数派。
・どの世代も質感が良い。一見して、綿やらポリやらの単純な素材はあまり見なかった。
 地味とまで言えるデザイン・形は見かけても、着古した印象の服の人はゼロ。
 この、安っぽくないことが一番の収穫だったと思う。流石日本の中心地。

カフェもそこそこに、
雑貨屋や本屋に寄ったりあてなくぶらりと歩いた。
バーガーハウスで分厚いアボカドチーズバーガーを食べてから帰りました。

そうそう、服装ついでにもう一つ思ったこと。
香水って好きでも嫌いでもなく、あまり自分から付けないんですよね。
香水瓶や存在自体はお洒落だと思うけれども
なんで付ける派が多いのか?と疑問に思っているくらいに、私にはどっちでもいい存在で。
この日、帰りに帰宅ラッシュに巻き込まれ、まぁ、否応なしによそから漂ってくる訳です。
おじさん方の加齢臭やら居酒屋の空気やらがまぜこぜになったものが…。
(香水は、こういう香害からバリアして自分を守ってくれるのでは?)
混雑度によるけども、失礼ながらちょっと最初驚くくらい耐え難い。
そんな時に自分好みの香りを纏っていると、不快感を減少させて少なくとも安心はするでしょう。きっと。

次働くところは通勤ラッシュに巻き込まれるのだろうか。
香水可なのだろうか。
/ 11:24 / *365(09.06〜) / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 11:24 / - / - / - /
COMMENT